〜〜自由と責任・原因と結果〜〜


人類は長い間、自分たちの生活を豊かにしたい、楽しい人生を送りたい、とそればかりを追い求めてきた。世界中の人々が物質的な豊かさを求め、自由を求め、感情の満足を求め、その実現のために、地球上の多くのものを犠牲にしてきた。


そのような生き方を続けていけば、深刻な環境破壊問題として、現在の地球と人類が直面している状態に陥ってしまうことは始めからわかっていたはずである。容易に想像することは出来たことである。しかし、人々は自分たちの、物質的欲望、精神的な快楽を最優先にしてきた。「人生を楽しむ」それが人生の基本となり、どんな時であってもそのことが第一優先なのである。


あとは、誰かがやってくれる。自分たちがする必要はない。自分たちは何もしたくない。責任を取りたくない、取る必要はない。生活が豊かになればいい、もっとお金が欲しい、生活を便利にしたい、遊びたい、楽をしたい、気楽に生きていきたい。


また、地位や名声をが欲しい、認められたい、成功したい、有名になりたい、注目されたい、称賛されたい、などが人生の第一の目的になっている人も多く、反対に、望むことと言えば、自分の家族が幸せであればそれでいい、何もいらない、他に興味はない、可もなく不可もなくただ生きていければいい、だけの人も多く存在している。


何を望もうと、何を人生の目的にしようとそれは「自由」である。何事においても、常に「それは自由だ!」が根底にあり、そしてその「自由」を前面に出して生きてきた人類。「選択の自由」− すなわち「感情の満足のための言動・行動の自由」「何も考えない・行動しない自由」をはじめ、どんなことにも選ぶ「自由」がある。しかし「自由には責任が伴う」がどこにも見当たらない。責任を取る人がいない。どこにも存在しない。


その人が選んだ「自由」には、たとえどんなに小さなことであっても、その責任を取らなければならない「結果」が必ず出てくるのである。今直面している運命がその結果であり、その「自由」の結果なのである。「自由」にしてきたけれど、この「結果」は嫌だ、苦しい、悲しい、辛い、こんなはずでは、それだけはやめて欲しい、と懇願する運命になっても、人は生き方が変わらない。しかし、最終的にはその全責任を取らされることになる。


***********************************************


この地球上において、テクノロジーの進歩には目を見張るものがある。科学技術、工業技術は発展に次ぐ発展を遂げ、私たちの生活はますます便利になった。また多くの分野で、それぞれの技術が飛躍的な進歩を遂げ、人間の生活を豊かにしてきた。そういった領域においては、人間の頭脳を最大限に発揮し、努力を惜しまず、進歩をさせてきたのは間違いのないことであるが、では、人間側はどうか。


人間が人間として進歩したのか、進歩しているのか。人間の進歩とはもちろん内面、精神面のことである。残念ながら人間の精神や意識の進化・向上も無く、人間自ら成長し進歩する意思も、努力も皆無と言えよう。


物質文明としては発展しているが、人類は誰一人として本当の(真の)努力をしていない。努力してもその方向が違うのだ。一生懸命その努力を続けていけば、自分の描いた小さい小さい目的(本人は大きいと思っているが)の結果は出るであろうが、それは真の結果とは言い難い。「真剣に努力して生きている」と「一生懸命に努力して生きている」には天と地ほどの差がある。


人は、何のために自分がこの地球に存在しているのか考えたことがあるだろうか。人間が人間としてどう生きるか、己の存在の意味、目的、存在の価値を真剣に考えたことがあるのだろうか。何も考えていないから、いつも不安であり、その不安を打ち消すためにも生き方が刹那的になってくる。一瞬の感情の満足を求める生き方しかできなくなる。自分を騙し、自分をごまかす。表面を取り繕う。


他人と同じように生きていれば安心だ。流行っているものを自分も持てればそれでいい。他人と同じ目的を持ち、同じ物を持ち、同じ行動することが大事なのである。家族が健康で長生きできればそれでいい。人生、楽しければ、それでいい。


それ以外考えることなく、己を省みることなく、己を高めることなく人生を送り、存在意味のないもの、価値のないものに最高の価値があると信じ込み、生きがいとなり、追い求める。無意味なものに反応し、関心を持ち、それに執着する。そういったものに囲まれた生活を送るしか自分を守ることが出来なくなる。


己を貶めるもの、貶めること(とは思いもしない)、お金と貴重な時間を惜しげもなくふんだんに喜んで使う。自分たちを堕落させるもの(こと、人)が、心から素晴らしく思い、美しく見え、感じるのである。その時に感情が満足さえすれば十分なのである。


宇宙全体がバランスで保たれているのであれば、私たち人間の世界においても、アンバランスの状態が長く続くはずもなく、ありとあらゆるものが崩れていくのは必然であり、現在が、正に今が、その結果の始まりである。それでも人類は目が覚めない。


***********************************************


 人類は生きる方向を見失い、生きる目的も無く、心が盲目になってしまい、何も見えない、何も聞こえない。あてどもなくさまよい続けている。

 「映像(目に見えるもの、事)を信じる」「自分で考えることをしない」「大局を見極めることができない」「記憶力が弱く、忘れやすい」「学習能力が欠如している」「扇動されやすい」「権力、権威にひれ伏す」 真実、本物を知ることができなくなってしまった。否、知りたくない、知ろうともしないのだ。

 結果は出てしまったのである。それでも人々は何も気づかない。目の前の現実が結果としてあるのに。

 人類は同じことを繰り返す。自分たちに直接降りかかり、大きく変化をさせられ、苦痛を伴い、不便な生活を強いられる状態になっても、ほとぼりが冷め始めると、もう気持ちが緩み、また遊びたくなってくる。

 人類は常に繰り返す。永遠に繰り返す。私たち人類は学ばない。学ぼうとしない。生き方が180度さかさまであった。自己監視能力に欠け、結果が出る前に反省をすることは永遠にない。自己防御・自己弁護の繰り返し。人生を真剣に生きていくことはない。

 現在の私たちの生活を取り巻く状態、世界の状況に、「こんなはずでは・・・」「どうしてこうなってしまったのか」「はやく元の生活に戻りたい」その繰り返し。己の生き方が招いた結果であるとは思いもしない。真の反省がないから繰り返す。反省とはその経験・体験から間違いを学び、生き方がその瞬間から変わる、ということである。

 人生における結果は、自分でまいた種が実を結んだものであり、その人に刈り取る責任がある。

 私たちの前には常に「前進するか」「後退していくか」の二つの道しか無い。人生は一瞬一瞬の連続から成り立っている。その一瞬一瞬の中に「成長の道」と「停滞・退歩」の二つの選択肢が存在する。意識の進化・向上を願う人は、自分の成長に生かすべく選択を瞬時に決定することが出来、その選択の積み重ねが現在の自分、未来の自分を作り出すことを理解している。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私たちが意識を変え高めることができれば、本当の、真の優先順位を知り、どんな問題でも解決する方法を見つけることができるでしょう。
意識を高め、進化させる − それはあらゆるものに存在する真実に目覚めることを可能にするでしょう。
この無秩序な世界を秩序ある世界に変えることが出来るでしょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



すべての文章の著作権は、「音楽環境プロジェクト」にあり、無断転載及び引用を禁じます。

© 2009-2021 音楽環境プロジェクト
オフィスプレゼンター